ピーター・ドラッカーとの関係

生前、AMAの終身顧問であったピーター・ドラッカー博士は、世界にAMAの拠点を開く上で、多大なるお力添えをくださいました。
1993年、日本支社を設立した際には来日し、ご挨拶されています。

『激変する国際社会の中で、日本企業が生き残るために、また外国の風土・経済・慣行の中で日本人リーダーが活躍するために、必要な知識、見識を養う場としてAMAを設立する』

ドラッカー博士のその「想い」は、社員である私たちひとりひとりに、引き継がれています。

※写真はAMA日本支社設立時に挨拶するドラッカー氏