代表からのご挨拶

私たちグローバルナレッジグループは「グローバルIT人材育成のリーディングカンパニー」として、人材育成を通じて社会に貢献していくという理念があります。私たちは、北米・中南米・欧州・そして世界人口の50%以上を有するアジア・太平洋地域を含む世界30か国以上で、グローバルナレッジの共通理念・価値観のもと、グローバルにビジネス展開している稀有な存在だという自負もあります。

1990年以降のインターネットの世界的普及により、世界は驚異的なスピードで、狭く、密接に繋がるようになりました。物理的な障壁・言語の障壁を容易く超えて、さまざまな情報に簡単にアクセスできる時代が到来したのです。また、情報のグローバル化が急速に進み、従来のヒト・モノ・カネの流れに膨大な情報の奔流が加わって、不連続な変化が生じるビジネス世界へと移行してきました。

このようなビジネス世界で求められる人材とは何でしょうか?
最先端の専門分野の修得だけで足りるのでしょうか?

このような世界で人材育成を目指すとき、専門分野の技術修得だけでは望まれる人材になり得ないことが早い段階から指摘されています。現在のビジネスで求められるのは、標準以上のビジネススキルを持ち、技術変化への対応が可能な持続的成長が出来る人材です。ここにグローバルナレッジが、ビジネススキルのトレーニング分野で90年以上の歴史と実績を持つAMA(アメリカンマネジメントアソシエーション)と協調している理由があります。

AMAのコースは、学校のような一般的概論ではなくビジネス現場で役立つ実践的なものであり、激しいビジネス変化に対応した内容で、そして何より、世界最大規模の人材育成ネットワークを通して、世界中から選りすぐったベストプラクティスを集約しています。AMAのコースを通して、時代の変化に対応できる高いビジネススキルを持った人材の育成をサポートできると考えています。

専門分野でもビジネススキルにおいても、常にリーディングカンパニーであり続けたい、そして人材育成を通じて社会に貢献していきたい。
社員一同、熱意と誇りを持って一層努めてまいります。

代表取締役社長
小澤 隆