これはマネジメントの発明者と言われる、かの有名なピーター・F・ドラッカー教授が残した言葉です。
インタビューの中で、マネジメントの発明者と言われることについてどのように思うか?との問いに、彼はこのように回答しました。ドラッカー教授がここで挙げたアルビン・ドッドこそ、AMAの創立者、その人なのです。

今日の組織において「マネジメント」とは、共通の目標を持つ上で欠かせないものであり、それを賄うマネジャーの役割は多岐に渡ります。1923年にドッドが米国マネジメント協会(現:AMA)を開設してから約90年余り、世界各国で数知れないマネジャー育成に携わってまいりました。

※下記の図をそれぞれクリックすると、AMAのマネジメントとリーダーシップそれぞれの解説ページへ移動します。

ニューノーマル時代の管理者に求められる能力
マネジメント
リーダーシップ
AMAのマネジメント
AMAのリーダーシップ


← 公開セミナートップページに戻る