グローバルサーベイ

米国AMAは、i4cp (Institute for Corporate Productivity 社)とともに、人材育成や職場環境、企業業績に関連したテーマでグローバルな市場調査を定期的に実施しています。

調査の結果は以下よりダウンロードいただけます。
一部の調査結果は、日本語でもお読みいただけます。

 

image

Developing Global-Minded Leaders to Drive High Performance
2015年7月

本調査は、AMAが調査会社i4cpと合同で実施し、米国AMA およびAMA のグローバルネットワーク、i4cp のグローバルサーベイ対象者、1,398名から回答を得ている。Ford、Schlumberger、Novartis,、Lear Corporation、Johnson & Johnsonの事例を掲載。

ダウンロード(英語)

Executing Corporate Strategy

Executing Corporate Strategy
2015年5月

好業績企業が戦略の実行をどのように成功させているのか。その現状を Corning、Choice Hotels、Black Hills Corporation、Jack in the Box といった企業事例を参考に、その内容やシニアリーダーからの見識をご紹介します。
本調査はAMAが調査会社i4cpと合同で実施し、米国AMA およびAMA のグローバルネットワーク、i4cp のグロ ーバルサーベイ対象者から回答を収集しました。総回答数は668、20 の業種、20ヶ国から回答がありました。

ダウンロード(日本語)   ダウンロード(英語)

image

Stress Management and Mindfulness in the Workplace
職場におけるストレスマネジメントとマインドフルネス
2015年4月

調査対象:AMA、BRC(Business Research Consortiumの会員、計991名】 回答者は主にアメリカ在住者。 マインドフルネスが組織に導入されている現状、採用されている内容や形態、その効果について

ダウンロード(英語)

Woman Fortune 500 CEO

WOMEN FORTUNE 500 CEOs ***Held to Higher Standards***
2015年2月

フォーチュン誌が2014年のFortune500リストを発表した際、米企業における女性CEOの割合が4.8%となったことが明らかになりました。労働人口の47.5%を女性が占めているにも関わらず、4.8%というショッキングな数値に米国AMAは発表資料を掘り下げ、4.8%という小さな数字の中の女性の優秀さを示す事実に注目しました。 優秀な女性をリーダーとして育成・採用するためにはどうすれば良いのか?米国AMAが2015年2月に発表した「Women Fortune 500 CEOs - Held to Higher Standards」調査の概要をまとめました。

ダウンロード(日本語)   ダウンロード(英語)

Leading in a Worldwide Market

グローバルリーダーシップ開発:グローバル化した市場で活躍できるリーダーを育てる
2014年7月

調査対象:Institute for Corporate Productivity(i4cp) とAmerican Management Association(AMA)、Training magazine の会員向けに実施し、合計1,030 の回答を収集。グローバルリーダーシップの現状と、プログラムを開発する際の注意点、調査結果から導かれる提言を記載。

ダウンロード(日本語)   ダウンロード(英語)

Leading in a Worldwide Market

Leading in a Worldwide Market
世界の市場でリーダーシップを発揮するには?
2013年5月

【調査対象:AMA、American Society for Training & Development(ASTD)の会員、FranklinCoveyR社、Ken Blanchard Companies社、Marshall Goldsmith社の顧客、主にマネジャーおよび人材育成担当者1,985名】優秀なグローバルリーダーはどのようにして選抜され、育成されているのだろうか?この質問を世界約2,000名のマネジャーや人材育成担当者に尋ねた結果を本調査にまとめた。

ダウンロード(日本語)   ダウンロード(英語)

グローバルリーダー育成に関する調査 2013

Global Leadership Development 2013
グローバルリーダー育成に関する調査 2013
2013年5月

【調査対象:AMA、i4cp会員企業に属する管理職、Training誌の購読者 計1,200名】 グローバルリーダーシップ育成のための促進要因、グローバルリーダーシップ育成カリキュラムで重視されているコンピテンシーは何か、プログラム効果を計る指標などを昨年の結果とを比較、掲載。

ダウンロード(日本語)   ダウンロード(英語)

image

Developing Successful Global Leaders 2012
グローバルリーダー育成に関する調査 2012
2012年5月

【調査対象:AMA、i4cp会員企業に属する管理職、Training誌の購読者 計1,050名】 2012年版は過去2年の同調査の結果を比較。グローバルリーダーシップ育成カリキュラムで開発されるコンピテンシーは何か、今後10年にグローバルリーダーに求められる能力、などを掲載。

ダウンロード(日本語)  ダウンロード(英語)

image

Developing Successful Global Leaders 2011
グローバルリーダー育成に関する調査 2011
2011年5月

【調査対象:AMA、i4cpに関係するエグゼクティブとTraining誌の購読者1,750名】 2011年版は2010年実施した同調査の結果を比較。グローバルリーダーシップ育成カリキュラムに不可欠で重要なコンピテンシーとして、ビジネスリーダーはどのような能力を期待しているか、などの結果も掲載。

ダウンロード(日本語)  ダウンロード(英語)

image

Developing Successful Global Leaders 2010
グローバルリーダー育成に関する調査 2010
2010年5月

【調査対象:世界におけるビジネスエグゼクティブおよびHR、管理職向け939名】 企業におけるグローバル人材育成プログラムの実施度合い、グローバル人材育成に重要視されるコンピテンシー、効果測定方法、もっともよく使われている評価基準、導入する理由、対象階層、ベンダーに求めることなどについての結果を掲載。

ダウンロード(日本語)  ダウンロード(英語)

image

Agility and Resilience In the Face of Continuous Change
変化し続ける時代に求められる組織の機敏性と回復力
2006年11月

【調査対象:世界における1,472名のマネジャー】 このレポートでは、組織変革を促進/阻害する要因について、また、変化に対して機敏で対応力のある企業とはどういった企業であり、特に好業績を上げている企業がいかにして変化に対応しているかを検証する。

ダウンロード(日本語)  ダウンロード(英語)

image

How to Build a High-Performance Organization
高業績企業のつくり方
2007年11月

【調査対象:世界における1,369名のマネジャー】 高業績企業の戦略はそうでない企業に比べてよく練られており、かつ明確である。このレポートでは高業績企業とそうでない企業を比較しながら、高業績企業となるためのヒントを分析する。

ダウンロード(英語)

image

Critical Skills Survey
2011年発行

【調査対象:米国AMAの会員や顧客企業のマネジャーやエグゼクティブ2,115名】クリティカルシンキングや問題解決、コミュニケーション、コラボレーション&チームビルディング、クリエイティビティ&イノベーションの4つのコンピテンシーが今日、組織で働く者には欠かせない能力であることを裏付けした調査。

ダウンロード(英語)

image

Cultivating Effective Corporate Culture
業績をあげる企業文化をつくる
2008年6月

【調査対象:世界における1,967名のマネジャー】 「企業文化」が従業員の行動や価値観に影響するだけでなく、最終的には企業の業績にまで影響するという事実を、多くのエグゼクティブは気付き始めています。その結果、企業は業績向上のために、その企業文化を強化するための対策を考えるようになってきました。このレポートでは、業績を上げるために企業文化をどのように変えていくべきかを検証しています。

ダウンロード(英語)

image

The Keys to Strategy Execution
戦略を確実に実行するためには
2007年3月

【調査対象:世界における1,526名のマネジャー】 戦略が実行されない一番の要因は必要なリソースの不足である。戦略は企業にとって最優先すべきものだということをリーダーが明確に示す必要があるのだ。このレポートでは戦略を実行する上で弊害となるもの、これを乗り越えるために企業のすべきことについて検証する。

ダウンロード(日本語)  ダウンロード(英語)

image

Creating a Sustainable Future
持久力ある未来を築く
2007年9月

【調査対象:世界における1,365名のマネジャー】 持続力のある企業とは、他社との競争に勝つことや新規の顧客を獲得して売上を上げることだけではなく、「人」「地球」「利益」といった社会や環境に対応するすべての部分を含めていうものである。このレポートでは、この広範囲の"持続的パラダイム"の歴史と要因さらに企業が持続力を維持している例を紹介しながら、分析する。

ダウンロード(英語)

image

Magnifying Customer Focus
拡大するカスタマーフォーカス
2006年6月

【調査対象:世界における972名のマネジャー】 900人以上のマネジャーやエグゼクティブを対象とした本調査において、75%の企業は顧客と約束を「非常に良く」もしくは「よく」守っているというが、感情面での結びつきとなると良好であると答えたのは50%だけであった。 このレポートでは、企業がカスタマーフォーカスに重点を置く要因などについて分析する。

ダウンロード(英語)

image

The Quest for Innovation
イノベーションの追求
2006年4月

【調査対象:世界における1,356名のマネジャー】 イノベーション文化を構築するに当たり企業が直面するもっとも大きな障害は、リソースの不足、戦略の不足、そしてゴールおよび優先順位が不明確な点である。このレポートではイノベーティブな企業文化とはどういうもので、今後10年間でどのように企業が変わっていくべきかを検証する。

ダウンロード(英語)

詳細につきましては
AMAのコンサルタント宛にお問い合わせください。

03-3347-9740 メールでのお問い合わせ